FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界観メモ

2009.03.04 *Wed
個人LOM世界観メモになります。
けれどわたし、しょっちゅう忘れます…… orz
ネタバレ以外ちょこちょこと書いています。



宗教について
一般的に2派に分かれていますが、基本は精霊信仰第一で、聖マナは殆ど信仰がありません。
教会もドミナの町にあるのみで、世界中どこもかしこもありません。
本来聖マナ教会は妖精戦争で亡くなった魂を鎮めるためにあります(ここら辺はアルティマニアと同じです)
しかし現在は大本であるマナの女神を信仰する名目が強いです。世界はマナで満ちており、その恩恵を受け、全てを愛し、信仰しようという感じです。
全てを受け入れる(=愛する)マナに対し、こちらの信仰は、信仰心のない相手や戦乱の元に対してはやや否定的な考えもあります。
実際マナの木は焼け落ちてしまい、空気と同じでマナがあるとは知っているもののそれが当然あるものと人々は考え(むしろ考えもせず) わざわざ敬愛したりしない、という状態と思ってください。
逆に精霊信仰は、全てのものに精霊が宿ると信じられており、こちらは所謂日本で言う八百万の神々と思えば分かりやすいかもしれません。

寺院で尤も権力のあるガドですが、こちらは帝国が衰退し、現状ではその指揮下を離れています。
またゲーム中に司祭がなくなったまま、最高権威者は不在の状態です。
僧兵をまとめるトップのダナエと、聖騎士の血を引くエスカデが現在上層部で色々やっています。はい。

因みに司祭がいないという、寺院自体がほぼ壊滅的な痛手を負っているものの、過去から築き上げてきた洗脳に近いものが強く、未だよりどころを求めて人々は足繁く寺院へ訪れています。





国について
帝国の他、幾つか存在しますが、どれも内部は破綻しています。
主人公達のいる大陸(及び周囲)は、初期は帝国の管理下でしたが、現在は何もない無法地帯です。
帝国そのものは海を挟んだ先にあります。なので架け橋となるマドラにはよく帝国兵がいるのです。

世界には無法地帯となった区域が多くあります。
一応国として呼称されている地域も、ほぼ壊滅。権力は底知れています。
崩壊直前と考えて良いです。





地図について
当初描いていたのですが、途中から面倒になり、放り投げました。すみません。
主人公とその周囲くらい配置図作りたかったのですが。






アーティファクトについて
旧時代及び現代においては純粋な力の源(弱め)としてしか見られていません。
様々なものの記憶や想いなどが込められており、一つ一つが生命体と言っても良いものです。
力だけ使う場合は、その宿したマナを吸い取り、解放して使用することが出来ますが、いわば生命エネルギーにも近いので、アーティファクトはいずれ死んでしまいます。
主人公達がアーティファクトを解放して新しい場所を見つける場合がありますが、その際、今までなかった町や地域は「ない」ものではなく「ある」ものとして、周囲に自動的に認知されます。
解放されておらず、つじつまが合わない記憶があることもあります。これは何気なくその地域に迷い込んだ際に発生する状態と言えます。
主人公、及びこちら側が認識し「見ればそれはある」状態になります。
よく分かりませんが、私もよく説明できません。万歳。でも本編にはあまり関係ないので大丈夫です。

アーティファクトが小型化している理由について。
実物大でも良かったのですが、屋根裏に入りきらないという裏事情のため、チェスボードに並べるような形になりました。
何らかの事情で携帯サイズになったと思っていただければ。






マナの女神
無論聖域にいるあの怖い女性です。全ての母であり、人も世界も魔物も彼女から生まれ、彼女へ還ります。
彼女は全てを受け入れます。愛することを選びます。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
CATEGRY : 設定

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

やなぎめし

Author:やなぎめし
最近の迷言:いつだって難産



カテゴリ

注意事 (1)
設定 (2)
小説 (17)
日記 (8)
リンク (2)
その他 (0)



絶賛応援中


素敵企画を発見したので思わず。



本編目次

全14話予定

セイレーン編
第0話 世界の象徴
第1話 長くも短くもない一日( )
第2話 人魚の願い( )
第3話 鳥乙女の願い( )
第4話 寄り道道中( )
第5話 閑話休題( )
第6話 煌めきの都市防衛戦( )
第7話 旧時代
第8話 人形の願い
第9話 少しだけ長い一日

聖域編
第10話 鏡面世界
第11話 とても短い一日
第12話    の物語
第13話 聖域へと至る軌跡
第14話 ふたりぼっち
エピローグ

以降小出しにて更新中(現在第7話迄)



番外編目次

【時間軸】
ゲーム本編中:

サイト本編中:
現実と理想の差異による只の散歩
サイト本編後:
瑠璃くんの無駄に長い一日



最新記事



月別アーカイブ

03  02  11  09 



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



お代はラヴで



Copyright © めしどころ All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。